World Ziploc Life!

MENU

サイズの種類は?正しい使用方法は?意外と知られていないジップロック®の疑問をご紹介。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ジップロックにも知っておきたい作法がある。

ジップロックにも知っておきたい作法がある。便利なものだからこそ、正しい使用法を理解することでより効率的に。ここではジップロックの使い方にまつわる、日頃とくに多く寄せられる疑問にお答えする。

Size サイズ

フリーザーバッグはS、M、L、イージージッパーはM、Lなど、バッグや使用用途によって自分の好きなサイズを見つけよう
海外ではさまざまなサイズがあるが、日本でもジップロックの種類によってサイズ展開がある。フリーザーバッグはS、M、L、イージージッパーはM、Lなど、バッグや使用用途によって自分の好きなサイズを見つけよう。

in Microwave 電子レンジ

コンテナーなら140度まで熱に耐えられるので、電子レンジでの加熱もOK
コンテナーなら140度まで熱に耐えられるので、電子レンジでの加熱もOK。ただし蓋を閉じていると内圧で蓋が飛んでしまうこともあるので、蓋と本体の口が重ならないよう位置をずらし、蒸気の抜け道をつくろう。

Color 色

タブのついたジッパーバッグを大別すると3種類
タブのついたジッパーバッグを大別すると3種類で、それは厚みの違い。青のフリーザーバッグは0.06mm、ピンクのストックバッグは0.04mm、緑のお手軽バッグは0.03mm。スタンディングバッグは、フリーザーバッグと同様。

Heatproof Temperature 温度

ジッパーバッグの中で耐熱性があるのはフリーザーバッグ、イージーバッグ、スタンディングバッグで、耐熱100度、耐冷-70度
ジッパーバッグの中で耐熱性があるのはフリーザーバッグ、イージーバッグ、スタンディングバッグで、耐熱100度、耐冷-70度。解凍したい場合は、袋の口を開けて解凍モードにすれば、電子レンジの使用も可能。